パソコンをwindowsからlinuxに変えるメリットとデメリット

先日新しいノートパソコンを買ったのですが、どうせプログラミングにしか使わないからlinuxにしようと思い。

linux mintをインストールしました。

今までwindowsしか使ったことがなかったので、windowsとlinuxの違いをつらつらと書いていきます。

MATE-1-8-and-Cinnamon-2-0-Confirmed-for-Linux-Mint-16-386774-2

スポンサーリンク

なぜLinux Mintを選んだのか?

linuxはディストリビューションがいくつかあり、非常に迷った結果linux mintにしました。

linux mintを選んだ理由

  • ・とりあえず、人気が高い。
  • ・初心者におすすめ
  • ・Linux Mint Japanがあるので情報が得やすい(トラブルがあっても大丈夫)
  • ・Mint Toolsというシステム管理ツールがあるため、変更しやすい

初心者におすすめだし、人気なら間違いないでしょ。

という理由でLinux mintに決めました。

ただ、半年に一回、クリーンインストールが推奨されているので面倒です

 

スポンサーリンク

ノートパソコンをlinuxにしたメリット

デフォルトでunixコマンドが使える!

これは非常に嬉しい。windowsではwindowsコマンドなので、馴染みのあるlsコマンドが使えません。

サーバーと同じコマンドで使えるのがすごくよかった。

 

sshクライアントソフトが必要ない

windowsの時は、Tera Termやputtyを使ってサーバーに接続してました。

しかし、linuxだとそれがいらない。

当たり前ですね、上で書いたとおりsshコマンドが使えるので。

※windowsでもコマンドからsshすることはできるみたいです。

 

PCシステムを学習できる

PCのシステムを理解しやすいです。

windowsだとブラックボックス化していてわかりずらいですが、linuxだとすべてファイルが見れるのでシステムが理解しやすいです。

ディレクトリ構成もディストロビューションによって違いは多少ありますが、基本的に標準規格FHSによって定められた「必須」の項目は共通しているのでイメージしやすくサーバーの学習にもなります。

 

マシンスペックが低くても快適?

HD,core i3でメモリ4GBですが、動作はさくさくで快適です。

ちなみに僕が買ったパソコンはこちらです。

 

 

すぐにサーバーにできる

apacheをインストールしてちょっと設定すれば、すぐにサーバーにできます。

これでローカルでささっとプログラミングができます。

 

ウィルスに強い

linuxユーザーが少ないので、狙われにくいです。

windowsで動くウィルスは基本的にlinuxでは動きません。
セキュリティソフトは重いので、パソコンのパフォーマンスが落ちますがその心配がいらなくなります。
※狙われにくいだけで感染しないわけではありません。

 

スポンサーリンク

linuxにしたデメリット

MySQLのGUIツールが少ない?

僕はwindowsのころはhideSQLというソフトを使っていましたが、linuxではこれが使えない。いろいろ調べたのですが、mysql workbenchしか使えるのが見つかりませんでした。

これ重いんですよね。

 

Excel,Wordは動かない

linuxなので当然officeは動きませんね。

僕は開発にしか使わないので全然問題ないのですが、Excel,word使いたい人は注意です。

でもLibreがあるので、ExcelとWordは一応開いて編集はできます。

 

最後に一言

使用用途がプログラミングだけという方にはおすすめです。
普段使いの方はwindowsやmacで十分だと思います。

僕が買ったパソコンはDell inspironの14です。画面もちょうどいいサイズで、ボタンの押したカタカタという感覚がとてもいいです。持ち運びも僕のリュックにちょうどよく入るサイズだったので問題なし。

4GBでもさくさく動きますが、一応メモリを増設させました。

 

追記:今はUbuntuを使っています

この記事を書いた時は2年前でLinux mintを使っていましたが、今はUbuntuを使っています。

やはり知名度も高くユーザー数の多いディストリビューションなのでエラー解決記事がネットにたくさんあります。

OSに詳しい方であれば問題ないですが、僕含めOSに詳しくないユーザーはやはりユーザー数の多いUbuntuを使ったほうが何か合った時に解決が早いのでおすすめ。