継続案件が終了することと開発事業を大きくしない理由

こんにちは、この記事は小さい会社の社長の日記です。

スポンサーリンク

案件終了です

個人事業から継続していた案件が一件終了することになりました。

もともと小規模な仕事内容だったのでそろそろ終わるかなーと思っていたら来月いっぱいで終了するとのこと。

リスク分散のために2社案件を並行していて正解でした。

今は一人会社で固定費も小さく一つ案件が切れた程度では資金がショートする心配もありません。

スポンサーリンク

開発事業で法人化したのに開発事業を大きくしない理由

一人で法人化するまで売上を伸ばした開発事業ですが、この事業を大きくするつもりはありません。

理由はいくつかあります。

開発事業は、時間単価を上げるか人を増やすかしか売上を上げる方法がない

エンジニア一人が出来る仕事量は限られているからです。

また、エンジニアは比較的独立・転職しやすい業種なので、せっかく育成しても他に移られるリスクもあります(反対に、集めやすいということにもなりますが)

差別化が難しい

同じ技術を使ってものづくりをするので、差別化が難しいです。

私もエンジニアなので技術者ごとにコードの品質の差があるのは知っていますが、お客さんが見る部分の差はパフォーマンスや開発スピードの差ぐらいしかありません。

また、技術力や設計力は人に依存するので良いエンジニアが転職してしまえば、損失が大きいです。

これが私が開発事業を大きくしないと決めた理由です。

理想は、自社サービスで利用料を取るというビジネスモデル。

売上=顧客×利用料になるのでやるならここを目指したいですね。

開発事業は一人でやる分には最強の働き方だと思いますが、組織化してやっていくのが難しそうです。他の開発会社さんがどうしているか気になります。

と、まあこんな感じで週2日分リソースが空いてしまい暇になるので案件を探します。

これからも継続予定のもう一つの案件で給料・オフィスなどの固定費は全部支払いができるので焦る必要はないのでゆっくりと自分の希望条件の案件を見つけたいと思います。

このブログを見た方、仕事がありましたらご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です