記事制作に120万円ぶち込む!アフィリエイトの外注化に向けてライターを探してみた!

先日アフィリエイトを本格的にやると宣言しました。

エンジニアがアフィリエイトを始めたのでアクセス数の報告でもしていきます!

3つくらいブログを立ち上げ記事を書いていたのですがさすがにきついです。

というわけで3つある内の1つのブログの記事を外注化することにしました。

予算は120万円ぐらい用意しています。

毎月10万円を記事外注費に使う計算です。

今年はあと半年くらいしかないので毎月20万ぐらいぶち込みます。

外注化の理由としては経費を使いたいということもあります。

今年になってから年収1000万円超えることが出来たので税金対策のためにもアフィリエイト事業に投資するというわけです。

スポンサーリンク

ランサーズで募集してみる

単価は1文字1円。

ランサーズで自分のブログのテーマを書いてくれそうなライターを検索し、メッセージを送信します。

今ライターって売り手市場なんですかね?

忙しいという理由で何人かお断りされてしまいました。

スポンサーリンク

発注する側になってわかったこと

フリーランスの年齢について

発注する側になってわかったことですが自分より年齢が大きく離れている相手に依頼するのがちょっと気が引けることです。

僕は25歳になったばかりなのですが、40代のベテランに発注しても大丈夫かなと心配になりました。

こちらが何か指示を出した時にすんなり受け止めてくれるか?という心配です。

これってフリーランスの僕も同じですよね。

今は25歳で僕に委託する会社の人は年齢が上であることがほとんどです。

しかし、僕が30後半になった時は僕が発注を迷った理由と同じ理由でお断りされるかもしれないなと感じました。

「いつまでも謙虚でいよう」そう思いましたw

 

一括送信したくなる

プロフィールを見て、メッセージを送信を繰り返しているめんどくさくなって一括送信したくなります。

 

僕はスカウト系求人システムを作っていたことがあります。

仕様決定権はなく、実装とシステム設計をするのが僕の仕事だったわけですが、スカウトの一括送信機能を実装することになり嫌だなーと思った経験があります。

僕自信いろんなスカウトサービスに登録していて、高確率で一括送信したんだろうなーっていうテンプレメールが届くからです。

こんなメッセージを受け取ったところで全く働きたいと思わないんです。

だから作りたくないなーなんて思ったりしていました。

 

発注側に立ってわかったのですが、一括送信メールはスカウト効果があるかどうかは置いといて発注する側には確実にニーズがありますねw

転職スカウトサイトは「スカウト」じゃなくて「あなた条件を満たしてる」にした方がしっくりくる

 

こんな感じで記事外注化へ向けての行動でした。