50万円稼いでいる元フリーランスエンジニアがセミナーを開催する理由は人月ビジネスには限界があるから

最近、ツイッターでこんなツイートを見つけました。

これに対して50万円は安いとかリプが飛んでたりして、ちょっと盛り上がっていました。

このセミナーを開催してる記事やツイッターは見つけることが出来ませんでしたが。

 

スポンサーリンク

なぜ、セミナービジネスをするのか?

ちょうど僕と同じ意見のツイートがあったので載せておきます。

 

理由としてはフリーランスが一人で稼ぐには限界があるからです。

現役フリーランスの僕も実は今、人月の限界を感じていてアフィリエイトやデータ収集など別の収益の柱を作ろうと工夫しています。

 

もちろんフリーエンジニアを続けていた50万円以上は稼ぎ続けることはできるでしょう。

エージェントにお願いしたとしても、月単価70万以上は普通にいけます。

 

しかし、残念ながらフリーランスが稼ぐことを考えたら100万前後が限界です。

なぜなら、多くの案件の契約内容は月160時間労働で月○○万円という内容になっているからです。

倍稼ぐとしても一人で月320時間働く必要があり、不可能です。

 

セミナーでノウハウを販売すれば、一人であったとしても収益が時間の制限は受けることはないですし、集客すればするほど稼ぐことが出来ます。

一人で単月200万、300万稼ぐアフィリエイターやブロガーと同じですね。

 

別にこのセミナーをしている人を擁護するわけではないんですが、開発だけで稼ぐには限界があるんでセミナー開催で稼ごうとしていることはおかしいことではないです。

フリーランスになったということは、少なくとも今以上にお金を稼ぎたいという欲を持っているはずなので。

 

なので内容はともかくノウハウ販売をそこまで叩くことではないかなとは思いました。