仕事でプログラマーをやるならアルゴリズムよりライブラリに詳しくなったほうが良い

最近思ったこと。

プログラマーを仕事としてやるならライブラリに詳しくなった方がいろいろ捗る説。

 

スポンサーリンク

Web系はアルゴリズムの知識はいらない

今まで業務でゴリゴリのアルゴリズムを組んだことがありません。

僕はプログラマーになってからアルゴリズムの知識は絶対に必要だと思っていて有名なアルゴリズムならとりあえず実装できるように勉強してきました。

しかし、今まで業務でアルゴリズムの実装をしたこと一回もないんですよねw

必要だと思っていて勉強してきた身としては非常に残念です。

 

大体、ライブラリで全て完結しますしね。

クイックソートとか覚えてもライブラリあるし、javascriptの場合は標準関数にクイックソートが組み込まれてるんで一から実装する知識なんて全く必要ないです。

 

ゲーム業界ならアルゴリズムの知識は必要なんですかね。

僕はゲーム業界で働いたことがないのでわからないですが、アルゴリズムをラッピングした便利ツールとか、いっぱいありそうです。

 

スポンサーリンク

ライブラリをひたすら覚えたほうがいい

企業に努めてよくあるアプリケーションを作るレベルならアルゴリズムはいらないのでライブラリにめちゃくちゃ詳しい人になった方が頼りにされます。

 

そもそも一からプログラムを組むことなんてあんまりないですし、時間もかかります。

なので、githubにあるライブラリの使い方をたくさん覚えて必要な時に、

「こんなライブラリありますよ」

と提示出来る方がよっぽど頼りにされます。

 

内部の挙動を知らなきゃ話にならないとかの意見もありますが、挙動なんて知らなくて問題ないです。

もし、使えないレベルのバグが見つかったら、そのライブラリを使用しないという選択肢しか出てこないので。

修正してプルリク出すのは個人的にどうぞという感じです。

 

スポンサーリンク

まとめ

フリーランスになってからすごい実感することは実装力よりライブラリ力。

大体、面談で人に会うと

「〇〇(ライブラリ名)は使えますか?」

しか聞かれず、

「アルゴリズム組めますか?」

は絶対聞かれません。

 

企業で優秀なプログラマーとして評価されるにはライブラリを覚えたほうがいい。

アルゴリズムを覚えても競プロとか研究でしか活かせないかも?