クラウドソーシングのWebライティング安すぎ!なぜ報酬100円の依頼を受けるのか

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

クラウドソーシングのWebライターの単価が安いという記事がいくつか目に入り、気になったので実際に見てみた。

ライティングカテゴリを見てみると1500以上の依頼があり、これなら仕事がとれないということはなさそう。

そして、単価を見ていく。1記事1000円という金額がいくつもあった。

 

ライティングの相場がわからないのでぐぐってみた。

相場が知りたい方へ、WEBライティングのお値段のひみつ

Webライティングは価格崩壊が起きていて、文字単価が0.1円なのだという。

ということは、1000文字書いても100円。1記事2時間で時給50円ほどになる。記事のクオリティよりひたすらスピード重視で書いていかないと労力の割に合わなすぎる。

2時間かけて、内容の濃い記事を書いても缶ジュース一本しか稼げないのならやる気もでない。

なるほど、ということはクラウドソーシングで掲載されている依頼は割りといい金額なのだろう。10本記事を書けば1万円なのだから、月100本で10万。なんとかぎりぎり生活はできそう。

 

今度は、安い順に見ていくことにした。

すると、Webライティング相場の1記事100円の依頼がごろごろ出てきた。

そして、そんな相場なのだろうが、報酬激安の依頼に10人、20人とたくさんの提案があるのだ。

みんながこんな安い単価で仕事を受けるから、単価が落ちていく。依頼者は安い単価で依頼しても何十人と仕事を引き受けてくれる人がいるから金額が上がることもない負のループが出来上がっちゃってる。

スポンサーリンク

 

非常にもったいない!

この金額で仕事引き受けるくらいなら自分でブログやアフィリエイトサイト作って記事をガンガン書いて広告貼ったほうが稼げる気がするのは気のせいだろうか。

無料で利用できるブログサービスはいくつもあるし、自由に広告を貼ることもできる。

クラウドソーシングで依頼されている記事はどこかのWebメディアで使われる記事だろうし、続けてさえいればアクセスもじわじわ上がると思う。

クラウドソーシングで激安でライティングの仕事をしている方は自分でブログを書いてみてはどうでしょうか?