Node.jsをさくっとインストールと使い方

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

node.jsをlinux mintにインストールしました。

インストール手順

 $ sudo apt-get install npm # 確認 $ nodejs -v # 最新のnode.jsにアップデート $ sudo add-apt-repository ppa:chris-lea/node.js $ sudo apt-get update $ sudo apt-get dist-upgrade # nodejsからnodeにエイリアスが貼られる # 確認 $ node -v $ npm -v 

こちらのリンクの手順で行いました。https://gist.github.com/tatuas/6717973 僕の場合「node -v]ではなく「nodejs -v」で動きました。

webサーバーを作ってみる

main.jsを作成し、以下を記述

 var http = require('http'); http.createServer(function(request, response){ response.writeHead(200,{'Content-Type':'text/plain'}); response.end('Hello World\n'); }).listen(8124); console.log("Server running at http://127.0.0.1:8124"); 

 

nodeコマンドでmain.jsを実行します。

 

 nodejs main.js 

スポンサーリンク

http://127.0.0.1:8124にアクセスするとHellowWorldが表示されます。 Screenshot_from_2016-07-03 00:37:50

 

http.createServer([requestListener])
新しい Web サーバオブジェクトを返します。

response.writeHead(statusCode, [reasonPhrase], [headers])
レスポンスヘッダを送信します。 ステータスコードは 404 のような 3 桁の数字による HTTP ステータスコードです。 最後の引数 headers は、レスポンスヘッダです。 オプションとして人に読める形式の reasonPhrase を第 2 引数で与えることができます。

response.end([data], [encoding])
すべてのヘッダとボディを送信したことをサーバーに伝えます。

server.listen(port, [hostname], [backlog], [callback])
指定したポート名、ホストからの接続を受け入れます。ホスト名を省略するとすべてのIPアドレスを受け入れます。

参考サイト

http://nodejs.jp/nodejs.org_ja/docs/v0.10/api/