フリーランスが単価を上げるには常駐先を変えるのが手っ取り早い

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

最近仕事が忙しくなかなか更新できていなかった、今回はフリーランス向けの記事を書く。

 

プログラマが給料を上げるには転職するのが一番早いということを身をもってわかりました。

僕はエージェントを使ってるフリーのプログラマです。

いろんなフリーランス向けの案件紹介サイトを利用しているのですが、ある企業から今の案件の10万近く高い額でスカウトがきていた。

ちなみに、今の現場の環境が悪いわけではない、むしろ人間関係も良く割と気に入ってる。

しかし、僕はお金が好きなので高い方で仕事がしたい。

 

即案件を変えたいところだったのですが契約の関係ですぐには切り替えることができなかった。

ということで契約が終わるまで待ってもらうことに。

 

そして、契約終了日が近づいてきて今の案件を紹介してくれたエージェントに契約延長をしないこと、利用サイトを変えることを伝える。

すると、エージェントが単価アップの交渉してくれるという。

当然だ、僕が利用サイトを変えると企業の売上が一人分減ってしまうからだ。

スポンサーリンク

エージェントは僕等フリーランスに仕事を紹介する代わりにマージンを抜いている。いわば営業代行または、派遣みたいなものだ。

だからエージェントも売上を落とさないために一生懸命交渉してくれる。

ということで、結果を待つことに。

 

2日後にエージェントから電話が来ます。

結果、、、

単価10万上がりました。

 

 

ちょっと聞いてみると、企業側はいきなり10万は上げられなかったみたいで、エージェントがマージンを調整して結果僕が受け取れる額を10万プラスになるように調整してくれた。

ということで新しいとこで人間関係を再構築するのもめんどうだったので契約延長することにしました。

 

ちなみに半年で10万円ほど単価が上がりました。

やっぱり同じとこにずっといるより条件のいい案件見つけたらどんどん切り替えるよう行動していくのが単価アップのコツなのかもしれない。

というかフリーランスならずっと同じ会社でやってくメリットってあんまりないですからね。

単価上げたいって思ってる人はいろんなサイトに登録して案件変えましょう!