Paizaのスキルチェックに挑戦してみた

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

Paizaという転職サイトをご存知でしょうか?

ブラウザ上でプログラミングのスキルチェックができて、そのレベルに応じた企業に応募したり、逆にスキルを見た企業からスカウトメールが来るというサービスです。

このpaizaのスキルチェックをやってみた結果、Bランクをとることができました。

paizaランクとはプログラミングスキルの証明証で、高いランクであればあるほど転職活動が楽になるそうです。

最高ランクのSランクでは「ほぼすべての企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。」だそうです。

※カジュアル面談とは

1.スーツではなく、普段着での求人企業訪問。
 カジュアルな格好でリラックスして求人企業について知る事ができます。
2.まず求人企業様側から事業内容、開発業務についての説明をしていただくよう企業様にお願いしております。
 企業を理解する場&ご自身の人柄や志向、これまでのご経験を企業に知っていただく相互理解の面談としております。

ちなみにBランクは「一定基準以上のスキルを持っています。多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。」

履歴書も書かなくていいし、スーツ着なくてもいい!嬉しい!

 

アルゴリズムを勉強しよう

paizaのスキルチェックの問題の内容を外部に公開することは禁止されているので詳しくは説明できませんが、おそらくほとんどの問題がアルゴリズムの問題です。

スポンサーリンク

僕の仕事では余り使わないようなものばかりでした。
しかし、プログラマである以上アルゴリズムを知っていたほうがいいに決まっています。これを期にアルゴリズムの勉強をしていきたいと思います。

それでは、いくつかアルゴリズムの本のご紹介をしていきます。

プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造

初心者の方にもわかりやすく書かれた内容。プログラミングコンテストに必要なアルゴリズムとデータ構造について学習することができます。

プログラマ脳を鍛える数学パズル シンプルで高速なコードが書けるようになる70問

70のパズル問題を解くことで自然とアルゴリズムが身につく内容となっています。