暗記カードで勉強してる学生よ、これからは「HideWord」で勉強しよう

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

今回紹介するのはHideWordという暗記サポートアプリ!

トップページはこれ

 

サービスを簡単に説明するとアナログな暗記カードをデジタルで管理ができるというもの

↓こんな感じで使うことができます。

 

 

 

使い方

まずは会員登録します。

必要な情報はユーザーID、メールアドレスとパスワード。

ログインするとこんな感じ

ダッシュボード画面で、こちらで利用状況が一目でわかるってやつです。

 

ノートを作ってみる

さっそく、これのメイン機能をノートを使ってみます。

左のサイドメニューにノート一覧があるのでそこをクリック→ノートを作成するをクリックします。

英語を勉強したいので英語暗記ノートを作成してみました。

スポンサーリンク

カテゴリは複数設定できるみたいです。

 

問題を作成

次はノートの紐付ける問題を作成していきます。

簡単な英単語、左と右で入力していきます。

 

これでひとまず完成

 

 

感想と今後期待したい機能

・UIはシンプルでわかりやすくてなかなかいい。

 

・ノートを作成ボタンがトップに欲しい。

ノートを作成するにはノート一覧ページに飛ばないといけないのでそれがめんどう。

 

・ガイドが欲しい

初見じゃフォームが何に使うのかを理解できない。

かといって、ユーザーはヘルプを見ないのでヘルプページははあまり必要ない。

最初に簡単なガイドアニメーションを入れるか、placeholderがあるとわかりやすくていいかなあと思う。

 

・個人的にはみんなのノートという表記がいいかも

UIのことなので主観が入ってしまうが、トップもホームも意味が似ているのでトップではなく、「みんなのノート」とかの方がいい気がします。

 

・ボタンの色を変えて欲しい。

作成系のボタンを揃えて欲しい。

シャッフルや削除などの色は同一じゃない方がわかりやすい。

こういう機能数の少ないアプリ(TODOなど)はデザインで選ぶ人が多いので洗礼されたおしゃれなデザインになると使ってくれる人が増える気がする。

 

・カテゴリ機能の他にタグ機能があると便利かも

カテゴリを英語にして、カテゴリを親にして、タグ機能で、「果物」や「動物」など子カテゴリを作りたいときもあるのでタグ機能ではなくとも、子カテゴリを設定できると使いやすい。

 

 

まとめ

電車で暗記カード使ってる学生とか見ますけど、これならスマホで管理できるし、文字も書く必要がないので手軽に学習ができるかと思います。

他のユーザーが作ったノートを使うこともできるので自分でノートを作るのがめんどくさいという人にもいいですね。

こちらのサービスは完全無料で利用できるので興味のある方はどうぞ!

HideWord