【経験談】フリーランスプログラマ、スキルをつけるなら大手かベンチャーどっちがおすすめか?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

フリーのプログラマで案件紹介サイトを利用する時どちらを選んだほうがいいのか

案件紹介サイトでは大手からベンチャーまでさまざまな案件が集まる。

 

もちろん求められるスキルは案件によって変わるがそのスキルさえ満たすことができれば大手であろうがベンチャーであろうがプロジェクトに参画することができる。

 

さて、今回はプログラマーとしてスキルアップをするならどちらを選んだらいいのか経験を元に書いていきたいと思う。

 

大手・ベンチャーどちらがスキルアップできるか?

どちらがスキルアップするかは自分がどういったタイプの人間かによって変わってくる。

 

ベンチャー企業では 求められるスキルの幅が広く浅いことが多い。

なぜならインフラ、サーバーサイド、クライアントサイドを完全な専業体制が組めるほどの人を雇う資金力がないからだ。

 

つまり、インフラからサーバーサイド、フロントエンドと一通りできる必要がある。

すべての分野でスペシャリストである必要はない。

フレームワークを使えてSQLがかけてwebサーバーの設定など環境構築ができる。

ちょっとしたjavascriptがかけるこれだけのスキルがあれば問題はない。

つまり、あらゆる開発の経験ができるわけだ。

 

特にプログラミングが好きというわけでもなく完全に仕事としてやってる人にとってはぴったりである。

なぜならプログラミングが嫌いな人はプライベートな時間でコードを書くことがないからだ。

やらなければいけない状況を作ることによりスキルアップが可能になる。

スポンサーリンク

 

しかし、プログラミングが大好き、このフレームワークを使いたい、ライブラリを使ってみたい、新しい言語を触ってみたいというタイプの人には向かない。

ベンチャーの場合、開発スケジュールに余裕がないことが多々ある。
そのせいで、ちょっと空いた時間に新しい技術を試せるほど余裕はない。

 

一方、大手の場合、専業体制になってることが多いので求められるスキルの幅は広くない。
すべての会社そうとはいいきれないが、大手は開発スケジュールがしっかりと管理されていて余裕のあるスケジュールになっている。

仕事で一段落したらネットで技術記事をじっくりと読んだり、新しい言語やフレームワークを触ることもできる。

プログラミングが好きで自ら進んで技術力を高めようとするタイプの人にはおすすめ。

 

ちなみに僕は趣味でコードを書いたり個人でwebサービスを作ってたりもプログラミングが好き。

ベンチャー時代にはDBの設計もし、PHPでサーバサイドを書き、フロントもjsフレームワークを使いある程度動きのあるUIを作っていた。

大手ではフロントエンドエンジニアとしてフレームワークを使ったSPAの開発をしていた。

大手とベンチャーを両方経験したがやはり大手にいる時の方が間違いなく技術をつけることが出来たと思う。

もし、大手かベンチャーで迷ってる人がいたら自分がどういうタイプの人間か考えて選んでみてほしい。

 

フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス