ランサーズが求人サイト化してきている?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

地雷クライアントが多いランサーズ。

677

常駐の求人がある

この前、ランサーズを久しぶりに見てみると変わった案件がありました。
・[常駐]大量募集/PHP/LAMP経験者/■店舗向け予約・会員管理アプリ開発/渋谷区
・[常駐]SAP国内展開PJ/市川市

詳細を見ているとただの求人でした。

■店舗向け予約・会員管理アプリ開発
【月額報酬】~65万円 スキル見合い
【業種】メディア・エンターテイメント
【業務内容】
*******

【経験/スキル】
******

【勤務地】東京都渋谷区
【期間】即日~長期
【希望年齢】~55
【英語力】不要
【備考】・150-180時間精算あり(勤務時間9:00-18:00)
・当案件で30名以上の大量募集でございます

初月は単月契約を想定しております。
ご提案は月額単価でご提案ください。
・氏名
・生年月日(年齢)
・最寄り駅
・自己PR
・【経験/スキル】の項目に対してインラインでコメントください。

スポンサーリンク

ランサーズは、システム開発やホームページ制作、ライティングなどをフリーランスに委託するというサービスで、求人を出すサイトとはちょっと違うものだと思ってました。

そもそもランサーズとはなんなのか?
「ランサーズはじめてガイド」を見てみました。

「仕事を依頼したい人」と「仕事をしたい人」が出会う
仕事マーケットプレイスです。

ホームページ制作、アプリやシステム開発、
ロゴやイラスト作成、ライティング、タスク・作業など、
141カテゴリの仕事が、日々、ランサーズ上で行なわれています。

ランサーズは、仕事を依頼したい企業と、仕事を受注したい個人をつなぐ、オンラインマッチングサイトです。

なるほど、仕事を依頼したい企業と、仕事を受注したい個人をつなぐ、オンラインマッチングサイト

たしかに、求人を出すことも間違いではないような。。。

でも、クラウドソーシングって企業が個人に外注するものじゃないの?

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

クラウドソーシング「ランサーズ」