常駐している会社を変えるぞ!レバテックフリーランスで新しい案件探しをしてみた

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

現在フリーランスとして活動していますが、常駐する会社を変えることにしました。

現在の状況

知り合いに紹介してもらった、自社のWebサービスを開発している会社で常駐勤務をしています。

今回常駐する会社を変える決意をした理由は、働きながらの学習ができなくなったからです。

出勤時間も自由に決められるので割と自由が効く会社で魅力があるのですが、やっぱり新しい技術を覚えたいという気持ちもありプロジェクトから抜けることを決意しました。

社員数は十人程度で、プロダクトの規模も小さく、今はとりあえず顧客が要望する新しい機能を作ったり、LPを変更したりとスピード重視でとりあえず、どんどん作っていくという体制です。

そんなこともあり、javascriptフレームワークを使ってSPAにしたり、ES6で書いたりなど学習コストのかかる技術は導入するのは難しくあります。

企業はエンジニア育成スクールではありません、営利のためにWebサービスを運用しているので当然これは理解できます。

SPAにしたからといって顧客が増えるわけではないし、ES6で書いたところで使う側の人間はそれを知りません。

僕は、フリーランスなので新しい技術はどんどん吸収していかなければなと思っています。

今後、Web系はTwitterやEvernoteやFeedlyのようなSPAが主流になってくる気がします。

自分でも個人的に学習しているのですが、実際にReactやAngularなどを導入している会社で働いてみたいと思い会社を変更することにしました。

案件紹介サイト「レバテックフリーランス」を利用して会社を探す。

会社を変えることに決めたのですが、営業はめんどくさいので案件紹介サイトを利用します。

スポンサーリンク

今回、使用したのはレバテックフリーランスです。

エージェントを経由するとマージンが抜かれますが、めんどくさい案件探しと事務作業を代理でやってもらえるのでまあいいかなあと思って利用しました。

登録すると、エージェントからメールがきて、メールに添付されたエクセルのスキルシートに自分の経歴、得意な言語などを入力し送信します。

そして、面談日程を決めて面談をします。

面談日!ヒカリエに行ってきました。

面談の日、渋谷ヒカリエに行ってきました。

11階で受付を済ませ、レバレジーズがある17階に向かいます。

17階につき内線で電話して、面談担当者を待ちます。

5分ほど待って担当者が来たので移動して面談開始です。

登録手続きを済ませこちらの希望の稼働時間や勤務地などを用意された紙に記入します。

用紙への記入が終わったら面談開始です。

あらかじめ送っておいたスキルシートにかかれた経歴やどんな経験があるのか?言語は何が使えるのか?など基本的な質問をされてそれに答えるだけです。

その後、それに合った案件を紹介してもらい興味のあるところにエントリーしてひとまず面談終了。

面談は一時間ほどでした。

この後も、いくつか案件紹介をしていただけるそうです。

まとめ

こんな感じで初レバテックフリーランスの体験談でした。

フリーエンジニアの案件探しは、Web案件数業界最大級のレバテックフリーランス