SNSはいいけどニュースサイトの無限スクロールがなんか嫌い

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

SNSの無限スクロールはなんか許せる。

infinite

無限スクロールとはページングがなく、ページをスクロールすることで次のコンテンツが表示されユーザーが無限にスクロールできるサイト構成のことを言います。

無限スクロールのメリット

ページ遷移がないことです。
画面遷移する処理は開発者にとって優しいものですが、ユーザーにとっては面倒なものです。
ボタンを押して次の画面が表示されるまで待つ。このちょっとした時間にストレスを感じてしまいます。
得に画面の小さいスマホは、ページングのボタンを押すよりスクロールしていく方がはるかに楽です。

現在、スマホからのインターネットの利用率が高いので、スマートフォンに適したUIにすることがアクセスアップの鍵となります。

 

無限スクロールのデメリット

SEOに弱い

無限スクロールの良さは一枚の画面をスクロールすることで次のコンテンツが見れるというものです。
しかし、そのせいでページ数が少なくなってしまい、SEOに弱くなってしまいます

無限にスクロールできるので1ページの情報量が無限に増えていき結果、動作が重くなってしまう。

アクセス解析が難しい、どのページでサイトから離脱したのかなどの解析が難しくなってしまいます。

スポンサーリンク

無限スクロールを採用しているサイト

TABILABO

月間アクティブユーザー900万人のキュレーションメディアです。
http://tabi-labo.com/advertisement/

一定以上スクロールするとURLにgetパラメータがつき変化していきます。
記事一覧ページ以外にも記事本文ページも無限スクロールになっており、同じくURLが変化します。

U-NOTE

こちらも同じくキュレーションメディアのU-NOTE。このサイトはビジネスに特化した記事が集まっています。
TABILABO同様、URLの変化する

僕が無限スクロールが嫌いな理由

facebookやtwitterの無限スクロールはなぜか許せます。

そんなに投稿をじっくり見ませんし、パラパラーと流し読みできればいいのです。過去の情報を見る必要もありません。

ですが、無限スクロールのニュースサイトでは過去記事を見ていても途中で読み始めることができません。
ブックマークしても一番上からスタートしますから。

無限スクロール同様、もっと読むボタンがあるサイトも嫌いです。
もっと読むを押すとajaxで記事を取得して下にコンテンツが増えていくものです。

あれはかなり使いにくいと思います。
一度記事をクリックし、記事一覧ページに戻ると、再度「もっと読むボタン」を押していかなければならないからです。このせい僕は毎回記事を別タブで開いて見ることになり、手間がかかります。

TABILABOやU-NOTEほどPV数のあるサイトが無限スクロールを採用しているということは効果があるということなのかな?