ラズベリーパイ3ModelB買いました。OS「Raspbian」のインストールなどセットアップまで

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

気になっていたラズベリーパイをついに買いました!

これが買ったやつ↓

dsc_0020

 

中身はこんな感じ

ラズベリーパイの紙袋がかわいいです

dsc_0021

 

これが本体

dsc_0022

 

これが、ラズベリーパイ3です。

LANケーブル端子が1つ

USB端子が4つ

HDMI端子が1つ

SDカードスロットが1つ

マイク用端子が1つ

dsc_0023

 

SDカードも購入しました。

このSDカードにNOOBSをダウンロードして、ラズベリーパイにOSをインストールします

dsc_0025

 

基盤がズレていたのでグッと押し込み固定します。

dsc_0027

 

電源ケーブルも重要です

Androidの充電器で起動できる場合とできない場合があるそうで念のために買いました。

dsc_0037

 

ラズベリーパイのセットアップ

公式からNOOBS LITEをダウンロード

以下のリンクからNoobs LIGHTをダウンロード

大体10分くらいかかります。

このNOOBSを使ってラズベリーパイにOSをインストールしていきます。

NOOBS

 

SDカードをフォーマットする

fad32にフォーマットします

フォーマットしないと「Error resizing existing FAT partition」から「Waiting for SD card」と出て終わらないから注意

 

各種ケーブルをつなぎ、電源ケーブルを接続

HDMIとテレビまたは、ディスプレイを接続。

キーボード・マウスを接続

LANケーブルを接続

SDを差し込んで最後に電源ケーブルを接続します。

 

接続すると一瞬、虹色の画面が表示され、次にラズベリーパイが画面に表示されます。

※これはSDフォーマットしなかった時のエラー。正常の動くと左のウィンドウはでません。

dsc_0039

 

電源を入れるとすぐにこのような画面になります。

dsc_0047

 

次の手順

1.上のWifiメニューから設定します。

 

2.languageを日本語に変更

dsc_0046

 

3.インストールするOSを選択「Raspbian」を選択し、インストールします。

RaspbianはlinuxのディストリビューションDebianをカスタマイズしたラズパイのOS。

dsc_0048

 

OSインストール完了

時間は環境によりますが、僕の場合は20分ほどでインストール出来ました。

 

dsc_0050

こんな感じの画面です。

シャットダウンする場合は左上のラズベリーのアイコンを押し、shutdownを選択

次回起動する場合は、同じように電源ケーブルを差し込むだけ。

 

よくあるミス

僕がハマったところのメモ

・通常はランプは赤、電源ケーブルを差したときは一瞬緑も点灯。ググると緑だけ点灯はエラーらしい。

・SDカードフォーマットしないと動かない

・虹色画面で固まったら、SDにNOOBS入れ直して、電源を差し込みなおす。

 

 

今回使ったもの

ラズベリーパイ3

 

SDカード

スポンサーリンク

用途:OSをインストールするために必要

何を買っても大丈夫でしょうが、一応僕はこのSDを使って正常に動作したのでこれを買っとけば間違いないです。

 

電源ケーブル

用途:電源

Androidの充電ケーブルじゃ動かなかったので買いました。

 

HDMIケーブル

用途:画面表示のため

ラズベリーパイとディスプレイを接続するために必要。

 

マウスとキーボード

用途:操作

画面を操作するために必要。当然ですが、持っている人は普段使っているやつで大丈夫です。

 

LANケーブル

用途:ネットに接続するため

無線はできないので、有線ケーブルが必要です。

 

まとめ

こんな感じで、セットアップは完了しました。

今後は、ラズベリーパイでGoogleカレンダーの予定をSiriみたいに音声で教えてくれるロボットを作ってみたいと思います。