動作がカクカクで重くなったスマホ【Android】を軽くする方法

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

Androidをずっと使っているんですが、最初の頃は軽くてサクサク動くのですが使っているとだんだん重くなっていきます。

タスクキラーを使って一時的に不要なアプリを落としても根本的な解決になりません。

今回はスマホの設定を変更し、軽くする方法をご紹介します。

 

スマホ【Android】を軽くする方法

開発者オプションを有効にする

スマホを軽くするためにまずは、開発者オプションを有効にします。

screenshot_20161106-144746

開発者オプションは初期では設定メニューには表示されていません。

開発者オプションは、「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」を何度かタップすると端末情報の上に開発者オプションが表示されます。

 

バッググラウンドプロセスの上限を変更する

「バッググラウンドプロセスの上限」を変更することで裏で動くアプリの数を制限することができます。

開発者オプションの下の方にバッググラウンドプロセスの上限があります。

screenshot_20161106-150930

 

標準の上限では設定値が高いため、なかなかアプリが切れてくれません。

プロセスの上限を1にするとアプリの状態がほぼ保持されないので毎回アプリを起動することになります。なので設定できる最大の4をおすすめします。

常駐するアプリが減るのでこれでだいぶ重さは軽減されます。

スポンサーリンク

screenshot_20161106-150531

 

不要なアプリをアンインストール

アプリによっては常駐するものがありスマホを重くする原因になるので、使わないアプリはアンインストールしてしまいましょう。

 

アプリのキャッシュを削除する

アプリを使っていくとアプリを高速に動かすため、キャッシュする。

キャッシュとは、アプリの一部分のデータを保存しておくことで次回から通信せずにその保存されたデータを読み込むことで二回目のアクセスが早くなるというものです。

このキャッシュはどんどん貯まっていく一方で、もう使わないデータや昔使っていたアプリのキャッシュデータも残りデータ容量を圧迫します。

キャッシュを削除することによって軽くなります。

 

キャッシュの削除の仕方

「設定」→「ストレージ」→「内部ストレージ」→「キャッシュデータ」をタップ

確認ダイアログが出るのでOKを押して削除しましょう。

キャッシュはアプリ利用を高速にす仕組みなので、毎回キャッシュを削除するという使い方はおすすめできません。

たまに削除するくらいにしておきましょう。

screenshot_20161106-154014

 

使わないアプリを無効にする

Androidにはデフォルトアプリがいくつかインストールされており、アンインストールすることができません。

アンインストールできないアプリで常駐するアプリのせいでスマホが重くなったりするので、使わないアプリは無効化しましょう。

無効にすることでアプリはアンインストールされませんが、アプリを起動できなくできます。

アプリを無効にする

「設定」→「アプリ」をタップ

使わないアプリをタップ→「無効にする」をタップ

これでアプリが無効になります。